本文へスキップ

        夢、はばたく 心、ときめく 瞳、かがやく

学校生活の様子SCHOOL LIFE & EVENTS

救急救命講習(AED講習) 【6月18日】

【亘理消防署のみなさん】

 今日は、亘理消防署のみなさんを講師にお招きし、先生方のための救急救命講習を実施しました。

どうぞ、よろしくお願いします。
【亘理高校に設置してあるAED】

 亘理高校には、3つAEDが設置されています。
事務室前と体育館と第2グランドです。

 なんと、このうちひとつが使用不能になっていました。定期的に点検することの大切さに直面いたしました。 
【丁寧に、手順を追って】

 ひとつひとつの手順を、こと細かに丁寧に指導していただきました。

 
 【真剣に見入る】

 手順を間違えたり、誤った方法だったりした場合、命にかかわります。みんな真剣です。
 【実技演習】

 倒れている人を発見してから、救急隊が到着するまでの救急救命の手順を何度も繰り返します。
【AEDも使って】

 講習用のAEDも使用しその使用方法を確認。機械のアナウンスが流れると、会場には緊迫感が走ります。
 【応急担架の作り方】

 毛布と竹の棒を使った、簡単な担架の作り方を教えていただきました。
【腹部突き上げ法(ハイムリック法)】

 のどに異物が詰まったことを想定し、チョークサインから、呼吸ができるか、咳ができるか確認後、ハイムリック方を教えていただきました。 
 【背部殴打法】

 ハイムリック法で除去できなかった場合、また、乳幼児や妊婦さんといった理由でハイムリック法が使えなかった場合に実施する、背部殴打法を教えていただきました。
 【簡易止血について】

 止血する際、他人の血液に触れないように、ビニール袋等を活用した工夫を教えていただきました。
 
   【おさらいとまとめ】

 最後に、今日の講習の振り返りと、ポイントのまとめをしていただきました。
 お忙しい中、7名もの亘理消防署員の方々に講師として来校いただき、ご指導いただきました。ありがとうございました。

無事、滞りなく最後まで講習が受講できましたこと、関係諸方々に感謝申し上げます。

毎年、実施している講習会ですが、1年たつと忘れてしまっている手順や、以前と変わっている手順やポイントがあり、とても学ぶことが多いと感じています。今年も、しっかりと手順の確認をすることができました。まあ、使わないで済むことが一番なのですが、、、





バナースペース

宮城県亘理高等学校

〒989-2361
宮城県亘理郡亘理町字舘南56−2

TEL 0223-34-1213
FAX 0223-34-2310

▲Top