本文へスキップ

        夢、はばたく 心、ときめく 瞳、かがやく

挨拶/沿革WELCOME

校訓

質実剛健 勤勉力行


校長メッセージ

           日 就 月 将

亘理高校のホームページにアクセスしていただきありがとうございます。
  本校は、明治31年(1898年)、郡立亘理簡易養蚕学校として開校以来、時代の変化に伴って校名や教育内容の幾多の変遷を経て今年で119年目を迎えた県内屈指の伝統校です。
 『質実剛健』『勤勉力行』の校訓のもと、常に地域の文化・教育の拠点として、これまで17,000名を超える有為な人材を輩出し、卒業生は、地元亘理町・山元町はもとより県内外さらには全国各地のさまざまな分野で活躍し社会に大きく貢献しています。
 『宮城の湘南』と言われる温暖な気候で自然豊かな環境の中で生徒達は学習に、部活動に、一生懸命に励んでおります。
 普通科(普通コース/園芸コース)、食品化学科、商業科、家政科の4学科2コースを設置しそれぞれの学科で、共通科目に加え、学科の特色に応じた専門科目の授業を実施し、多様な資格取得にも取り組むとともに、大学や専修学校への進学や就職等の多岐にわたる生徒の進路希望に対応するための、多様な選択科目を設け、少人数学習や習熟度別学習を積極的に取り入れるなど、一人ひとりに対応したきめ細やかな指導を行い、生徒の自己実現や希望進路の達成に向けて、特色ある教育活動を展開しています。
 亘理高校は、亘理伊達家、伊達成実公が築いた臥牛城の学問所である「日就館」址にたっています。「日就」は、『詩経』中国の最古の書物に「日就月将」⇒「日に就(な)り、月に将(すす)む」とあり「日就月将」=「日進月歩」と同じく、日ごとに進歩する意味に使われます。(ちなみに本校同窓会館の名称は「日就記念会館」と言います。)
 私たちは、生徒が伊達家の武士たちが日々勉学に励んだ由緒あるこの地ですばらしい環境のもと、「日就月将」を座右の銘として勉学に励み「心と体」を鍛え、様々なことにチャレンジし「生きる力」を培い社会に大きく羽ばたいて欲しいと願っております。 また、学習の基本は生活という理念から、「愛しつゝ」「働きつゝ」「考えつゝ」という、「日々思いやりを持ち、物事に一生懸命取組み、深く考えて生活する」という私たちの社会においてはとても大切な三つの心のあり方を記した生活目標を立てて学校生活で活かすように心がけています。
 生徒はこれらの生活目標のもと、学習や部活動、生徒会、農業クラブ、家庭クラブ、ボランティア活動、地域連携活動等に積極的に取り組んでいます。私たち職員は社会に貢献できる智・徳・体を備えた人間の育成、そして生徒の夢実現のため、一丸となって教育活動の充実に努めてまいります。今後とも本校の教育活動にご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

校長 大石 正芳

学校沿革

明治31年3月6日
郡立亘理簡易養蚕学校設立認可
明治31年4月29日
郡立亘理簡易養蚕学校として開校
明治34年4月1日
郡立亘理養蚕学校と改称
大正10年4月1日
宮城県亘理養蚕学校と改称
大正12年4月1日
県立に移管,宮城県亘理蚕業学校と改称
昭和11年4月1日
宮城県亘理養蚕園芸学校と改称
昭和13年4月1日
宮城県亘理農蚕学校と改称
昭和23年4月1日
宮城県亘理農業高等学校と改称
昭和39年4月1日
宮城県亘理高等学校と改称
昭和49年5月10日
新校舎完成
昭和53年3月11日
剣道場新設工事完成
平成3年4月1日
新第2グラウンド使用開始
平成6年3月28日
新体育館完成
平成10年6月19日
日就記念会館完成
平成10年4月29日
創立100周年を迎える

バナースペース

宮城県亘理高等学校

〒989-2361
宮城県亘理郡亘理町字舘南56−2

TEL 0223-34-1213
FAX 0223-34-2310 chief@watari-h.myswan.ne.jp

▲Top